【ときわ駅前なかむら眼科】は京福電鉄「常盤駅」、京都市バス「常盤・嵯峨野高校前バス停」すぐのところにある駅近で便利な眼科です。土曜日の午前も診療、日帰り手術も行っております。

小児の近視抑制治療(低濃度アトロピン0.01%点眼治療)について

  • ホーム »
  • 小児の近視抑制治療(低濃度アトロピン0.01%点眼治療)について

治療について

当院では小児期における近視の進行抑制を目的とした点眼治療を行っております。


日本では2人に1人が近視と言われています。先進国において近視は視力障害の主要な原因であり、近視は主に小児期に進行します。また、高度な近視の場合は、視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、緑内障などの眼疾患に発展する可能性があります。


近年アジア諸国において、低濃度アトロピン0.01%点眼は、近視の進行抑制効果が約60%程度あると報告され、副作用もほぼないことが確認されました。


このことから当院では、低濃度アトロピン0.01%点眼液を使用した小児期の近視進行抑制治療を行っています。
※本治療は近視の進行を抑制するものであり、近視が全く進行しないわけではありません。

治療の対象

  • 12歳以下の学童
  • 中等度(-6.0D)以下の近視の方
  • 3か月毎の定期通院が可能な方

治療に使う点眼薬

    アトロピン点眼薬
  • 低濃度アトロピン点眼薬 ※0.01%アトロピン点眼薬5㎖
  • 点眼方法:両眼1日1回 眠前点眼(1カ月に1本使い切り)



治療の流れ

✓ 治療の対象であるかを検査・診断で確認します。(保険診療)
 
✓ 初回検査(自由診療)
・検査、診断、治療内容の説明を行い、点眼薬の使用を開始します。
・点眼後の副作用について
点眼薬使用開始後に眩しさ、手元の見えにくさ、アレルギー症状(目のかゆみ、充血、皮膚の炎症)、動悸、その他の気になる症状がありましたら当院までご連絡ください。 
✓ 1か月検査(自由診療)
・検査、診断、点眼薬使用後の状況を確認し、異常がなければ点眼薬を追加処方します。
・点眼薬による異常が認められた場合は治療を中止する場合があります。
✓ 定期検査(自由診療)
・検査、診断、点眼薬を処方します。
・3カ月毎に定期検査を行います。(定期的に視力や眼軸長等を検査し治療を評価します。)
・治療は2年以上継続していただくことをお勧めいたします。

治療の費用

治療費用(検査・診断・薬剤費用)
検査・診断費用 ¥2,500(税抜)
薬剤費用(1本あたり) ¥2,500(税抜)

※この治療は自由診療です。(保険診療や子ども医療費助成制度は適応されません。)

問い合わせ先

  • 治療についてご不明な点があれば、当院までご連絡ください。
  •  TEL:075-873-5060

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
14:00~16:00 手術
16:00~19:00 手術

※予約検査・往診・ロービジョンケア
休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

地図・アクセス

〒616-8225
京都市右京区常盤馬塚町15-1 スギ薬局常盤店2F クリニックゾーン (元いかりライクス常盤店)

●京福電鉄「常盤駅」すぐ
・北野白梅町駅〜約9分
・嵐山駅〜約11分
・四条大宮駅〜約23分

●JR嵯峨野線「花園駅」より
京都市バス(91、93号系統)に
乗り換え約5分

●JR嵯峨野線「太秦駅」より
徒歩約10分

●京都市バス(91、93、75号系統)
「常盤・嵯峨野高校前」すぐ

お気軽にお問い合わせください

TEL:075-873-5060 午前9:00~12:00 / 午後4:00~7:00

建物北側に提携駐車場 合計47台(スギ薬局常盤店、タイムズ嵐電常盤駅前) 駐車場の案内はコチラ>>

初診の方へ
よくある質問
取り扱いコンタクトレンズ
近視抑制治療
睫毛貧毛症治療のご案内
眼科用サプリメントのご案内
採用情報

PAGETOP
Copyright © 2019 ときわ駅前なかむら眼科 All Rights Reserved.